×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

新大阪にてきみぞおと合流、大阪駅から地下鉄に乗り換え難波へ向かう。
駅構内のロッカーに荷物を預けようと地下道を散策すると、夢の2SHOTを発見!なんとなく楽しい気分になった。

自由軒でドライカレーでも…と思ったのだが、この日はあいにく定休日。仕方がないので551蓬莱で中華を食す。
これまでの数日間は一人旅だったので、洒落た店に縁が無かったのだが、(蓬莱が洒落た店に該当するかは疑問だが・・・)
複数の人数になると、気軽にレストランに入れるのが良いですな。

神戸のケーキ屋などに一人で入るなんて、私には恥ずかしくて出来ないのです…。(僕は・・・ね)

食事を終え、まったりとしていた私に、きみぞおが囁く『甘味がたべたいな〜』と―
前二日は完全に単独行動だったので、タバコも吸わない私としては飲食店に長居することはほとんど無かったんです。

それがどうでしょう?この”動かないぶり”は!まあこの周辺から動けない理由はあったのですが・・・。
かくしてげんちゃん一行は、蓬莱の会計を済ませた数分後に喫茶タイムを設けたのでした(^o^)>


甘味を楽しみながら、次の日に行きたい場所を話し合う。
行く場所も定めず”とりあえず行ってみる”という行動パターンは、2人旅になっても変わらないらしい…。
迷った時にはKANSAI WAKLERという事で、きみぞおとページをめくる…すると、
この週の特集記事〔工場見学特集〕に目を奪われる。

実は、こちらに来る前に私達の友人から『面白い工場見学がある』と言われ、メールで情報を教えてもらっていたんです。
例えば日清食品では「チキンラーメンが作れるよー」とかいただいていたのですが、
KANSAI WALKERを見ていた私達が、2人が揃って指をさした工場はコチラ!

アサヒビール吹田工場!

事前に予約が必要との事なので、急いで携帯から”明日”の回を予約。
これで明日の予定が決まった。

時刻は午後3時になろうとしていた。甘味処を出た私達はNGK(なんばグランド花月)へ!
何回か大阪を訪れてはいたのですが、本場の”お笑い”を見た事が無かった私達は(ここだけは用意周到に)インターネットでチケットを購入していたので、早速中へ!
すると!事前予約のせいなのか、前から2列目中央という好位置をゲット!本場の笑いをタップリ3時間味わいました。

翌日、待望のアサヒビール吹田工場へ!

以前、横浜のキリンビール横浜・生麦工場 に行った事があったので、ビール工場の見学はコチラで2軒目。(飲み屋みたいな表記になってしまった)
とはいえ100年以上の歴史を誇る吹田工場だけに、横浜に比べ建物に風格がありました。
(さる・くま背面のレンガは、創業当時の壁らしいです。)
吹田工場の試飲タイムは20分間飲み放題!僕らが出掛けた日はスーパードライと黒生を提供していただきました。
(もちろんソフトドリンクもあります)
ビールのお供には特別パッケージのかっぱえびせんが振舞われました。

ちなみに昨年行ったキリンビール横浜・生麦工場の試飲は、淡麗・ラガー・一番搾りの中から2杯が飲め、飲み足りない人向けに(?!)
ビアレストランが目の前にありました(商売上手!)。おつまみにはブルボン”味好み”が用意されておりました。

と、
いくら比較した所で、大阪と横浜のビール工場に行く人はまず居ないだろうなぁ・・・。

試飲が始まる頃、私達は予想もしなかった夕立に見舞われました。ビールを飲みながら庭を眺め、雨の様子を気にしていたら
見学ツアーのガイドさんがビニール傘を来場者に配ってくれました。
これにはげんちゃん感激!
いくら大企業とはいえここまでの配慮をいただくとはね。さすがは『すべてはお客様の”うまい”のために!』と宣伝するだけの事はあるなと感服いたしました。

ということで、すっかりごきげんになった私達はふわりふわりと家へとたどり着いたのでした。
今回の三都物語はこれにて終了!楽しかったです。

2003-07-28 UP