×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

第6弾 桜新町〜桜上水(渋谷) 編 歩いた日:2005−04−08

蒸し暑い熱気で起床、先日までの寒さはなんだったのか?と思うほどの陽気。
春を通り過ぎて初夏の装いである。

先日調子の悪かったipodは放電→充電し、システム再構築。病院送りを免れる。
今日は4月8日、水曜どうでしょうのファン待望のNewシングル1/6の夢旅人&二度目のありがとうの発売日であります。

私の友人K氏は、昨夜24時に地元・沼袋のLAWSONにて予約分を引き換えて来たほどの熱の入れよう。
私も今日、インディーズコーナー充実のタワーレコード渋谷店で購入すると決め込んでおりました。
午後2時過ぎ、川崎の自宅を出て東横線・大井町線と乗り継ぎ桜新町へ。
今日は樋口了一シングル発売デーを勝手に祝い、桜新町・桜・桜上水という桜streetを歩く沿線散歩を行いました。

この間渋谷の7thFloorで行われたLiveでも樋口さんは♪桜streetを熱唱されていましたが、この曲は私も大好き。
で、いつか桜の時期に歌詞にある”桜上水2丁目あたり”を歩いてみたいと漠然と思っていたんです。
今日は時期もタイミングもバッチリなので、ウォーキングに出かけてきました。
サザエさんで有名な桜新町から樋口さんで局地的に有名な桜上水へはおよそ3キロと言われているのですが、
果たしてどの道を歩けばよいものか・・・。
土地勘の無いのに私は地図も持たずになんとなく来てしまったものだから大変である、
唯一の道しるべは半年に一度くらい車で走る世田谷通り。
この記憶を呼び起こしとりあえず太い道をテクテクと往く。

しばらくすると、なんだか家畜のにおい・・・馬事公苑である。
敷地内にはたくさんの馬と花見客がどっちゃり(笑)無料で中に入ることの出来る施設だったのですね〜、勉強になりました。

世田谷通りを発見し一安心。こまごまとセレブな街に展開する小さめな三越を横目に東京農大横を歩く。
この辺りが桜ヶ丘、地名に偽り無く桜並木がお出迎え。両サイドからのソメイヨシノに風が吹くたび花びらがはらはらと・・・。

春の情緒を感じながらのウォーキングに気持ちが穏やかになってきました。
千歳船橋周辺で迷い道をくねくねとし、歩き出しからおよそ90分でなんとか桜上水へ。

ココからはラジオではなくipod。樋口さんの♪桜streetを聴きながら2丁目を目指す。
僕が最初に見つけた”桜上水2丁目”はナチュラルローソン、さすがおしゃれな街です。
ローソンもワインレッドの装飾を施されたナチュロー(勝手に命名)でした。

2丁目をぐるりと散策してみる。まず目に飛び込んできたのはヨークマート、おそらくこの界隈では一番の大型スーパーではないだろうか?
で、さらに私の心を捉えたポスターがコチラ! 毒蝮三太夫のTBSラジオ”ミュージックプレゼント”のイベント告知ポスター。

この界隈のおじいちゃん・おばあちゃんがマムシさんに『くそばばあ』とか言われちゃうのかなぁ・・・どきどき。

時計回りに進むとローソンの正反対の位置に交番とセブンイレブン。
ココを折り返して元の位置に戻るのだが、その道すがらに”桜上水2丁目”で桜を発見!

この桜を見て樋口了一さんが作詞をしたとは思えませんが、住宅街に優雅に咲く桜にしばし見とれてしまいました。

小田急バスに乗り、経堂・梅が丘を経由し渋谷。 タワーレコードに到着。
2FのJ-POPコーナーに向かってみると、インディーズ歌手(今はね)樋口了一の為に1ブース、コーナー展開がされていました。
水曜どうでしょう関連のグッズが売れなかったフラストレーションを発散するが如く、
過去にリリースしたCDや、視聴機そしてPVの映像が流れる専用モニターまでも装備。
ひとつ前に置かれた木村カエラ嬢のPOPよりもある意味充実した販売戦略となっております!

渋谷の東急ハンズにどうでしょうのDVDとかが平然と並べられたときに
『ウチはレコード屋なのにどーしてDVDがウチじゃなくってハンズなんですかぁ!』と上司にキレた”どうでしょうバカ”な店員がいるに違いない!!
だって、POPに”表紙デザインはあのBgBeeが担当”とか普通なら書かないもん。。。
そんなこんなで新しい1/6も私のipodにコンプリートされ、これからのウォーキングがさらに楽しみになってきました。