×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

今まで釣り船には何度か乗ったことはあったのですが、屋形船は初めてでした。

当日は小雨が少々降ったものの、と〜っても楽しかったです。
今回は、品川の船宿から台場方面に向けての2時間半…
割と見慣れた景色にもかかわらずとっても新鮮。やはり『船』という違う角度から見るのが、良いのでしょうか。

出港と同時に乾杯!ビールを飲みつつ20分―台場周辺に到着する。
到着に合わせ、ほろ酔いの私の元に舟盛りと揚げたての天ぷらが…船内は一気にヒートアップ。
酔っぱらいが満載の船内で何も起こらないハズも無く、
アクシデントが発生!
酔っぱらった同僚のIが配膳された刺身の一切れを、何気無く船の傍らに居た一羽のカモメに投げた…キャッチするカモメ。
beforeafter
すると、先程まで居なかった大群が船を取り囲み《浅草寺のハト》の如く、大騒動に!


それにしても屋形船って良く出来てますなぁ…停泊中には夜風に当たれる様、屋根がデッキになっているんです。
そんな屋根のデッキから撮影した、台場周辺はこちら。

クイックタイム対応の動画をご覧いただけます。(重くてどうもすみません)
お宅のPCにクイックタイムを搭載されてない場合は、コチラの無料ダウンロードをご利用下さい。


台場を離れた屋形船、最後は東京湾の運河沿いを巡り、品川へ…

カラオケで盛り上がる船内と、対比する沿岸倉庫街の静寂。霧雨混じりの冷たい風をいっぱいに受け、2時間半の海上散歩は終了した…。
初めて味わった屋形船は、心配した船酔いも無く、快適なひとときを与えてくれました。
今度は気さくな仲間達と、桜の花が咲く頃にでかけてみたいなぁ…