×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

アメリカに行ったのは暑い夏の日。

でも日本はもうすぐ冬・・・。

ま、細かいことは気にしないで、

Vol.6スタートでーす!

 

Vol.6

8月18日(日)

この日はデトロイト市内にある教会で、午前中は礼拝に出席し、午後はコンサートを行ないます。

10時過ぎ

教会員の方々が10人以上は余裕で乗れるだろうというような車数台で迎えに来て下さいました。

日本でよく見かけるワゴン車ではなく、4WDみたいな感じ。

すごいかっこいいー!

教会の付近は、日本人も多く住んでいるらしく、日本語の礼拝も行なっているようです。

実際行なわれた礼拝はすべて英語で進行し、

スライドに映し出された聖書の言葉もすべて英語。

意味を理解するため、日本語の聖書を必死にめくるのですが、

進行が早くてページをめくるのが追いつかない!

すみません、もう少しゆっくりお願いします・・・。

礼拝中にBLCは『深い川を越えて(DeepRiver)』を賛美しました。

 

礼拝終了後はランチを頂きました。

またアメリカならではのソウルフードかと思いきや、

出てきたのはなんと、幕の内弁当!

日本食が恋しくなっていたきみぞお達には、嬉しいご馳走でした。

 

PM2時過ぎ、コンサート開演。

一曲目は前日と同じ『役に立ちたい』

そして歌いながらまた涙。

なぜだかこの曲を歌うと、涙が出るようになってしまったらしい。

今後も歌う時やばいかも・・・。

会場はほぼ満席で、日本人の方々も多く見に来て下さいました。

メンバーも、旅の疲れやコンサートの疲れが重なり、

喉の調子もけして良くはなかったのですが、見事に賛美を行ない

Bright Lights Choirのコンサートはこれで全日程が終了しました。

コンサート終了後、教会員の方々から温かなおもてなしを受けました。

メンバーの顔もすべての日程から解放されたせいか、とてもリラックスしています。

 

おもてなしの後、教会員の方々が、きみぞお達をショッピングモールへ連れて行って下さいました。

ツアー期間中、買い物する時間がほとんどなかったので、

約2時間でしたが、有意義に見て回ることができました。

でもこのショッピングモール、日曜なのにPM6時で終わってしまいました。

おいおいまだ稼げる時間だろぉ?やる気ないなぁ・・・。

メンバー全員が出てきた後、モールの前で軽く解散式のようなものを行い、

みんなで手を繋ぎひとつの輪になって、賛美とお祈りをしました。

もうここでお別れになるメンバーもいます。

みんなの顔に名残惜しさが残っていました。

 

来た時と同じように車に分乗し、ホテルへ帰ります。

途中、運転手の方がガソリンスタンドへ寄りました。

給油なのかなと思ったら、どうやら道に迷ってしまい、スタンドのスタッフに道を尋ねたとの事。

ヘイ、ジョニー(という名前かどうかは知らないが)、しっかりしてくれよ〜。

でも、アメリカで自家用車に乗れる機会なんてそうめったにないので、ドライブ気分を楽しみました。

遅れてホテルに到着すると、先に到着していた教会員の方々が、きみぞお達を待って下さってました。

そんな些細な優しさにとても感動しました。

 

部屋に戻ると、別の部屋にいるメンバーから打ち上げを兼ねて夕食の誘いがありました。

このツアー期間中に服を購入した人は、お披露目するようにという条件付きで。

もちろんきみぞおも買った服を着て参加しました。

ホテルからレストランまでは歩いて10分くらいです。

時間はもうPM8時を過ぎようとしているのに、外はまだ夕方のようです。

アメリカの昼は長い!

予約もなしに20人以上がお店に行った為、席が空くまでひたすら待たされます。

30分くらい待ったでしょうか、ようやくテーブルに着く事ができました。

飲み物は何にしよう?

せっかくだから、やっぱりビールが飲みたい!

メニューにはたくさんの種類があるのですが、ここは無難に本場アメリカのバドワイザーを、

パスポートを見せて、自分が大人であることを証明してから、注文しました。

出てきたバドワイザーは、日本で販売されている物よりとても大きいビンでした。

ちなみにグラスはありません。

ビール瓶がデカければ、食事の量もとても多い。

料理が出てくるまでかなり待たされたせいか、皿が置かれたとたんみんなの手が伸びる伸びる。

ミディアムレアのステーキはウェルダンのように硬かったけど、大変美味しくいただきました。

あれで空調が寒すぎなきゃ、メチャメチャベストだったのになぁ。

 

あっという間の5日間でした。翌日は日本に帰国です。

 

つづく・・・。