×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

成田空港を出発して約9時間。

狭いエコノミーシートで悪戦苦闘しながら、何とか眠る努力をするきみぞおさん。

結局機内で寝られた時間は3,4時間ぐらいだったような・・・。

ていうかねぇ、うるさいんですよ。エンジン音が。

 

Vol・2

 

8月15日(木)

アメリカ現地時間、PM12時(日本時間、16日深夜1時)頃、朝食(昼食?)が出てきました。

う〜ん、やっぱりあまり美味しくない。

この旅の食生活に、一抹の不安を抱く・・・。

PM1時45分頃、予定よりも早くアメリカ・デトロイトに到着。入国審査へ向かいます。

列が短くなっている所に、友人と一列離れて並びました。

英語が出来なくても、聞かれることは『滞在目的』『滞在期間』だから大丈夫だろうと思っていたのです。

審査官「目的は?」

きみぞお「サ、サイトシーン」

審査官「デトロイトのディアボーン(きみぞおの宿泊先)に何しに行くんだ?

家族や友人でもいるのか?」(と、きみぞおには聞こえた)

きみぞお「へっ?」

何でそんなこと聞くのーーーー???

予想外の事を聞かれ、パニくるきみぞお。

とりあえず、きみぞお達より5日前に先に到着しているBLCのメンバー達がいるので、

きみぞお「フ、フレンド」

と答えたら

審査官「名前を教えろ」(と、きみぞおには聞こえた)

どうしてーーーー???

英語が話せる友人も近くにおらず、さらにパニくる。

あきれた審査官は、隣の窓口で友人を担当した別の審査官に、

「一体この子達は(ディアボーンに)何しに行くの?」と聞いてくれ、

「MUSICSHOW!」と目的がわかったので、

ようやく無事にアメリカ上陸となりました(涙)

あとで友人に話を聞いてわかったのですが

きみぞお達の滞在宿泊である『ディアボーン』という町は

観光客が行くようなところではないらしく、そんな所に身寄りのない

日本人が行くのはおかしいと思った審査官がしつこく聞いてきたらしいです。

テロ事件以降チェックが厳しくなっているとは聞いていたけど

ここまですごいとは思いませんでした。

無事入国審査を終え、出口へ向かうきみぞお一行。

日本人の性なのか、みんなが並んでいる所が出口と思って行ってしまいます。

しかし、5分ほど並び様子が変だと気づいたきみぞお達。

よく見るとそれは出口ではなく、乗り換えの列でした。おいおい・・・。

空港からタクシーに乗り、一路ホテルへ向かいます。

この旅の宿泊ホテル『ハイアット リージェンシー ディアボーン』は16階建てのそれは見事な建物です。

長旅の疲れを取って、ゆっくり休みたいところなのですが

今夜は先発組と合流し、コンサート出演がある為、のんびりしてられません。

シャワーを浴び、身支度を整えて『GMWA』が行なわれている会場、『COBOHALL』へ向かいます。

ホテルの前に会場へ行く専用のシャトルバスが用意されていました。

運転手に、日本から来たゴスペルクワイヤだと伝えたら、1曲歌ってくれとせがまれましたが

シャイな日本人のきみぞお達は、何も歌えませんでした。ごめんね、運転手さん。

ホテルから30分、先発組との待ち合わせ時間、PM6時半頃『COBOHALL』に到着。

ちなみに会場の目の前には川が流れているのですが、この川を越えると

カナダなのだそうです。すごい!

島国に生まれ育ったきみぞおさんには、東京・神奈川並の国の近さにカルチャーショックを感じました。

待ち合わせ時間を過ぎても、なかなか先発組に会えない中、

やたら会場にいたアメリカ人から声をかけられるきみぞお一行。

最初何のことやらわからなかったのですが、どうやらきみぞお達が着く前に

BLC先発隊を含む、JAPAN CHAPTERが歌ったらしく、

それがすごくよかったと、褒めてくださってるのだが、

すみません、うちらそれに出てません(苦笑)

ようやく先発組と合流し、コンサート用の衣装に着替え、出番を待ちます。

出演予定時刻はPM8時。

疲れているから、歌い終わったら早くホテルに帰って寝よう、と思ってました。

PM8時過ぎても出番が来ません。

PM9時を過ぎても出番が来ません・・。

時差ぼけのせいかとうとうきみぞおは会場の席で寝てしまいました。

大丈夫かきみぞお。歌えるのかきみぞお。

一体出番はいつ来るのでしょうかーーー!!

 

つづく・・・。